変わる常識

10日ぶりぐらいのアップになります(汗)

正直に言いますと、いろいろネタを探していました。


そんな中、気になる記事を見つけました。

↓リンク



28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s.jpg


記事の中で特に気になったキーワードは

『糖尿病』と『胴回りのサイズが指標』


心筋梗塞などの心臓病は動脈硬化が主な原因です。


動脈硬化を引き起こす原因は

・高血圧

・高脂血症

・喫煙

・糖尿病

・肥満


これらの原因で喫煙以外は

これまで私がブログでご紹介してきた通り

糖質の摂取が原因の原因です!


胴回りを作るのは内蔵脂肪


胴回りのポッコリお腹、メタボ腹は

内蔵脂肪が原因です。


内蔵脂肪を作る原因はインスリンの働きです。


インスリンを分泌させるのは糖質だけです。


糖質をとりつつもカロリー制限をしている人は

痩せているのに下腹がぽっこり出ているはずです。


これも内蔵脂肪があるためです。


ですから痩せていても糖尿病になりますし、

心臓病のリスクも高まります。


これが今回発表されたBMI数値よりも

胴回りが指標になるという根拠でしょう。


糖質制限はこれまでの常識では考えにくい

『炭水化物を主食としない』ということがメインです。


慣れ親しんだこの習慣を手放すのは非常に辛いと思います。

ですが、これをすることで健康もスタイルアップも手にできるのです。


自分の意志ではなかなかできないという人は

プロにアドバイスを受けましょう


↓役に立った!よかった!と思ったらクリックおねがいしま~す↓








この記事へのコメント


この記事へのトラックバック