ゴリラと同じ食事でムキムキ?

a0027_001615.jpg

ゴリラって筋肉ムキムキですよね

でも、ゴリラって肉を食べたりしませんよね?

馬を襲って肉を食べるゴリラ
鳥を捕まえて食べるゴリラ

見たことないですね。

ゴリラはゴリラの体の構造があって、果物や虫なんかを食べて
あのムキムキな巨体を作り出すのです。

どっちかというと糖質を中心に摂っていますね。

つまり何を言いたいのか?


私たちが考えているよりも生き物の体って単純ではないんです。


肉を食べたら筋肉、贅肉

油を食べたら脂肪

コレステロールの高い卵をたべたらコレステロール上昇

ではないのです。

人間の体に脂肪がつくのは
インスリンというホルモンが働く為です。

インスリンは血糖値が上昇すると多く分泌されます。

血糖値を上げてインスリンを
分泌させる食べ物は糖質だけです。


糖質を摂ることで人間は脂肪を蓄える構造なんです。

逆に脂質は吸収バランスがとれているので、
ある程度以上は吸収されず便になって排泄されます。

つまり、食べ過ぎたところで排泄されるので蓄積されません。

だからゴリラと同じような食生活をしても
人間はムキムキにならないんです。

人間は人間、ゴリラはゴリラ。
構造が少し違うんです。

こういった構造、仕組みを頭にイメージさせておくと
普段の食事も意識して糖質を敬遠しやすくなります。

糖質制限は糖質の依存度も高いのではじめはツライ感じもしますが、
習慣化することによって食の好みも変わり、平気になってきます。

だいたい30日くらいで習慣は身につくことが多いので
すこしがんばって、糖質制限にチャレンジしてみましょう。

↓ランキングアップの為、クリックおねがいしま~す↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 食生活改善ダイエットへ
にほんブログ村


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


この記事へのコメント