メタボはすでに病気ですよ

a1370_000104.jpg

『メタボリックシンドローム』

もう耳慣れしてしまって、周りを見渡す限りメタボな人ばかりですね。

昨年の夏、子供を連れて大型プール施設に遊びに行ったのでですが、

ほとんどの人がTシャツやラッシュガードを着てるんですね。
(目の保養にはならない!残念!w)

「メタボ腹見せたくない」「太った醜い体を他人に見せるのは恥ずかしい」
と思っている人が多いという事なんでしょうね。

同じ考えの人が増えてくると、それが「普通」になってきてしまう。

・・・なんて恐ろしいことでしょう
もう肌の露出が多い水着姿が見れないなんて


メタボリックシンドローム(英: metabolic syndrome)とは

内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に
高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態をいう。
日本語に訳すと代謝症候群、単にメタボとも言う。

以前より

・シンドロームX
・死の四重奏
・インスリン抵抗性症候群
・マルチプルリスクファクター症候群
・内臓脂肪症候群

などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。

『ウィキペディア』より抜粋

メタボは内臓のまわりに体脂肪が蓄積して、
動脈硬化の危険因子となる血糖、血圧、脂肪代謝が2つ以上重なった、


確実に命が縮まる恐ろしい病気です。




「普通」って何でしょう?

1964年3月
ニューヨークのクイーンズ区で殺人事件が発生しました。

キャサリン・ジェノヴィーズという20代後半の女性が、深夜、仕事から帰宅する途中、
自宅近くの路上で暴漢に襲われ、殺害されました。

殺人は決して見過ごしてはならない行為ですが、

キャサリンは大勢の人の目の前で殺されたのです。


殺人鬼は35分のあいだに3回、路上で逃げ惑う彼女を襲い、

ついにそのナイフで助けを求める彼女の声をかき消しました・・・

信じられないことに38人の隣人たちは30分以上の間、
殺人鬼が1人の女性を追いかけ、切りつけるのを

アパートの窓際という安全なところから見ているだけで、
警察に電話をかけることすらしなかったのです。

「たぶん、誰かが助けるだろう」
「たぶん、誰かが助けを呼ぶだろう」
「たぶん、もう、誰かがそうしているだろう」

と皆が考えるので、結局誰も助けない

これが社会的な証明から生まれた「普通」です。

「普通」というのはどんなに危険で非人道的なことで合っても

社会的な証明すなわち、

私たちは大多数の人間がそうであれば

どんな悪い状況でも「普通」と思い込んでしまうんです。

でも殺人は確実にやってはいけないことですよね?


メタボ腹って確実に不健康で寿命を縮めますよね?



普通、普通って・・・・・オオ怖い


いいですか?

メタボリックシンドロームは病気ですよ?

にほんブログ村 ダイエットブログ 食生活改善ダイエットへ
にほんブログ村


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


この記事へのコメント